行われている治療

矯正歯科による治療には、医療費控除が認められる場合もある

矯正歯科とは、歯科の診療科の一つで、出っ歯、受け口、八重歯など一般的に不正咬合といわれる、咬み合わせの悪い歯並びを、自分の歯を残したまま治療します。矯正歯科には、歯並びの改善以外にも様々な効果が認められており、代表的な例としては、顔のゆがみの改善、咬み合わせの改善、虫歯にかかりにくくなるなどが挙げられます。歯並びの改善だけが目的の場合、医療保険の適用は認められませんが、医療費控除が認められる場合があります。これが認められるのは、子供で、発育の妨げにならないように、矯正歯科による治療が必要と認められた場合と、大人で、咀しゃくの妨げになるために、矯正が必要と認められた場合にのみ、適用される場合があります。医療費控除を申請する際には、美容目的の治療では無いことを証明する、矯正歯科の医師の診断書が必要となりますので、医療費控除が認められるかどうかは、治療前に医師に確認してみましょう。

医療保険が適用されない場合と、適用された場合の治療費の比較

一般的な矯正治療は医療保険の適用が認められておりません。ただし、先天的な咬み合せ異常と外科的手術が必要な顎変形症にのみ認められています。医療保険が適用されない場合の治療費は、約70万円から100万円かかりますが、治療方法によってはこれ以上かかる場合もありますので、治療前に必ず医師に確認し、納得した上で治療するようにしましょう。一方、保険適用の場合も治療費は、手術費用なども含めると約40万円ほどかかりますが、高額療養費の対象となるため、あらかじめ決められた一ヶ月あたりの医療費自己負担額の上限を超えた分は返還されます。医療費自己負担額は、所得額によっても違いますので、あらかじめ確認しておきましょう。また、返還には、患者自身の申請が必要となりますので、忘れないように注意しましょう。

Copyright© 2015 子供のように歯が生え変わることはないぞ!歯は大切にねAll Rights Reserved.


Design by Megapx Template by s-hoshino.com